うつ病の原因やうつ病治療で使われる薬について紹介します。

うつ病の9つの症状

女の人

うつ病の症状は大きく9つに分けることができます。それぞれの症状について簡単に説明します。うつ病になると、なんとなく体がだるくて、なにをするにもやる気が起こらない、気分がふさぎ込んでしまうといった症状が見られます。このような症状のことを抑うつ症状といいます。また抑うつ症状が原因で、怒りっぽくなることがあります。しかし、こういった症状は、疲れているときには、だれにでもあるものです。これが原因で、抑うつ症状がうつ病の初期症状であるということに、なかなか気が付かない人が多いので注意が必要です。
うつ病では、今で趣味としてきたことに突然興味が持てなくなってしまいます。何をしていても楽しいと感じることができなくなるのです。すると、外との交流がだんだん減っていき、一人で閉じこもるようになります。
基本的に、うつ病を発症すると食事の量が減ります。また、味を感じることができなくなり、何を食べても美味しくなくなってしまいます。反対に、食欲を抑えることができなくなり、暴食してしまうこともあります。
うつ病の人のほとんどが経験するのが睡眠障害です。夜なかなか眠ることができなくなる入眠困難や、午前2時や3時に突然目が覚めてしまう早期覚醒といった症状がみられるようになります。こういった睡眠障害が続くと、反対に過眠症状がみられることがあります。日中でも眠気が襲ってきて、何をしていても集中できなくなってしまいます。
うつ病になると、感情の起伏が極端になることがあります。普段はよく喋る人が、ある日全く話さなくなったり、動きが異常にゆっくりだったりする一方で、今まで大人しくて真面目だった人が、強いイライラが原因で座り続けることができなくなったりします。
うつ病になると、何もしていないのに疲れます。それは、上記で説明したような身体と心のバランスの崩壊が原因で、辛くなってしまうからです。すると、例えば、いままで普通にできていた家事や、入浴、服を着替えるといった動作でさえも、身体が疲れてできなくなってしまいます。心ではちゃんとしないと、と思っているのに、身体がどうしても言うことを聞いてくれません。うつ病の経験者の多くは、まるで自分の身体が自分のものでなくなったような感覚になると言います。うつ病が進行すると、集中力が低下して、会社や学校の成績が突然下がってしまいます。ここでうつ病に気がつく事ができれば良いのですが、周囲から最近怠けているという目線で見られるとうつ病の発見が遅れてしまいます。
さらにうつ病が進行すると、強い罪責感を持つようになります。些細な事で自分という人間を強くせめてしまい、次第に自分に関係がないことまで、自分に責任があると思い込むようになります。この罪責感がさらに強くなると、自殺をしようという思いが強くなります。生きていることがあまりに辛くなって、死んで楽になりたいと考えてしまうのです。うつ病を治療する過程で、症状が良くなってき時に、ふとしたことがきっかけで自殺してしまうこともあります。

医者

薬物療法について

抗うつ薬には、それぞれの特徴と知っておくべき副作用があります。うつ病は一人で治す病気ではありません。周囲の人も副作用を理解しておけば、その人の身体の異変の原因にいち早く気がつくことができますよ。

Read More

相談

原因となるストレス

あなたは自分がどのようなことでストレスを感じているか説明することができますか?ストレスはうつ病の原因です。ストレスについて学ぶことで、自分がストレスを感じる傾向について知ることができますよ。ストレス傾向を知って、上手く対処しましょう。

Read More

悩む人

うつ病患者数の推移

うつ病患者の数は統計上は昔に比べて2倍以上に増えています。ここでは、その理由と原因についてお話します。うつ病患者が増えたといわれる理由について知りたい方は、一度目を通してみてください。

Read More

窓

運動のススメ

うつ病には薬物量法だけでなく、運動することも効果的なんです。運動をすることで、うつ病の原因であるストレスを発散することもできます。運動とストレスの発散の仕組みについてお教えします。

Read More

看護師

再発予防の重要性

うつ病は、とても再発しやすい病気です。また、再発を予防するには周囲の人の理解も必要です。このページでは、うつ病の再発原因や、予防方法についてたくさんあるものの中から一部抜粋して説明します。

Read More

Go to Top