うつ病の原因やうつ病治療で使われる薬について紹介します

薬物療法について

医者

うつ病の原因は脳内でのモノアミンという物質の量が減ったり、上手く取り込めなくなったりすることが原因であるといわれています。モノアミンとはドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンという神経伝達物質の総称です。うつ病の薬物療法は、このモノアミンの量を増やしたり、上手く取り込む手伝いをしたりする方法が一般的です。
三環系抗うつ薬はうつ病の薬の中でも、最も古くて歴史のある薬です。脳内でモノアミンが分解されてしまうのを防ぐことで、脳内のモノアミン量を増やす作用があります。一方で、副作用が多いため、現在ではあまり使用されていません。他の薬で効果がなかった場合に選択される薬です。副作用には、尿が出なくなる、便秘、めまい、ふらつき、強い喉の渇きなどがあります。ごくまれに、不整脈を引き起こして、命にかかわることがあるため、薬剤の血中濃度を把握しながら使用する必要がある薬です。
三環系抗うつ薬の副作用の多さを改善したのが四環系抗うつ薬です。三環系にくらべて副作用が少ないのは利点ですが、抗うつ作用も弱いという特長があります。しかし、睡眠の質を高める作用もあるため、不眠症に悩んでいるうつ病患者に使用されることがあります。
これまで説明した抗うつ薬は、脳内以外の神経伝達物質にも作用してしまうことが原因で、副作用を引き起こしていました。そこで登場するのが、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。この薬は、セロトニンのみを狙って分解するのを阻止してくれるので、副作用が少なく抑えることができるだけでなく、十分な抑うつ効果を見込むことができるため、現在のうつ病治療における第一選択薬とされています。
次に登場するのが、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬です。セロトニンの気分の落ち込みを解消する作用と、ノルアドレナリンの意欲を向上させる作用の両方の効果が見込める薬です。意欲の低下が顕著に見られる症例に使用される薬で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と同じように、うつ病治療の第一選択薬となっています。
これまで、説明したのはどれもモノアミンの再取り込みを阻害する薬です。しかしノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬は、セロトニンとノルアドレナリンの分泌量を増やす作用のある薬です。再取り込み阻害薬で効果のない患者さんに使用される薬です。四環系抗うつ薬のように不眠に対しても効果的で、抗うつ作用が強いことが特長です。一方で、眠気や体重増加の副作用があるため、それが原因で糖尿病になってしまいそうな場合には、服用を中止する場合があります。
以上が代表的な抗うつ薬です。抗うつ薬は、どれも少なからず副作用があります。薬物療法を行う際は、副作用の管理がとても重要になります。そのため服薬していて、身体の調子に異変を感じたら、すぐにかかりつけの心療内科か精神科を受診するようにしてください。

Go to Top