うつ病の原因やうつ病治療で使われる薬について紹介します

運動のススメ

窓

うつ病の治療には、薬物療法が第一選択であると考えられています。しかし、うつ病を改善するには生活習慣を見直すことも重要なのです。生活習慣を見直すことで、うつ病の原因となるストレスを解消することができます。そのため、今一度、自分の生活習慣を見直してみましょう。うつ病に対する運動療法の効果は、世界中で研究が行われており、効果的な成果をあげています。一方で、うつ病治療において、運動することが原因でうつ病が悪化したという研究結果はまだ報告されていないため、今のところうつ病に対する運動療法はとても効果的であるといえます。もちろん、うつ病でない人でも日々の生活に運動を取り入れることで、うつ病の原因となるストレスを発散することができます。運動すると、身体は疲れますが気分がスッキリしますよね。このスッキリしたという気持ちが、心に大切です。運動に限らず、カラオケで気持ちよく歌ったり、ボーリングでストライクをとったりした時にも気分がスッキリしますよね。こういった経験からわかることは、このスッキリするという気持ちがうつ病の原因であるストレスを解消するのに、とても効果的であるということです。
うつ病の人にとって、運動を始めることは体力をつけるという意味でも重要です。うつ病になると、どうしても活動量が減ってしまうためこれまで運動をしていた人も、していなかった人も体力が落ちてしまいます。うつ病の治療に運動療法を取り入れれば、うつ病から回復する過程で、体力の衰えをあまり感じることなく復帰することができます。また、運動をすると、集中力を高めることにも繋がるため、ストレスを発散するだけでなく、ストレスへの耐性をつけることもできます。
このように、最近では、うつ病の治療に運動がどんどん取り入れられています。うつ病でなくとも、運動することはうつ病を予防することにもなるので、少しずつ運動習慣をつけていきましょう。

Go to Top